YouTube

【衝撃】子供をダメ人間にしてしまう言葉遣い! 6選

こんにちは、ナミです。

子どもが、どこで覚えたの?と驚くような言葉を使うことがありますよね。

SNSやネット以上に、周囲の大人からの影響が大きいそうです。

そして、ただ悪い言葉を真似させてしまうだけではありません。

人格形成の大きな弊害になることが多々あるのです。

そこで今回は、子どもに使ってはいけない禁止ワードをご紹介します。

良いと思って使った言葉が、とんでもない事態を招きます。

スポンサーリンク

「よくできたね」

「できた」ということを特別視する言葉です。

できない=ダメという発想が生まれてしまいます。

必要以上に結果だけを求めて頑張ったり、あるいは疲れてしまって、頑張ることを諦めることに繋がります。

さらに、大人たちはこの言葉を頻繁に使いますが、「できた」のレベルが人によって曖昧です。

そして「よくできた」と言われること自体が、子供の目標になってしまうのです。

子どもに対しては、努力したこと自体を誉めることが大切です。

「頑張ったね!」のような声かけの方が、子どもにとっても素直に受け取れます。

その過程が重要だと知れば、難題にも我慢強く立ち向かいます。

「いい子だね」

大人からすれば、最高の誉め言葉のつもりです。

自尊心が生まれて、さらにいい子になると信じていますよね。

しかし、子どもはまったく違う受け止め方をします。

何かをした後で、このように褒められるので、そのやったことが良いことだと考えます。

良いことだからするのではなく、褒められるからする。

自分から良い行いを探したり、自然にそうできるようにはならないのです。

褒めるよりも、「手伝ってくれてうれしいよ」と伝えるべきです。

自分の行いが、相手を喜ばせていることを知ります。

判断基準が、褒められるかどうかではなくなります。

スポンサーリンク

「やめないと、〇〇だよ」

罰や脅しが有効に働くことはありません。

相手を従わせるためには、相手が嫌がる方法を使えばいいという、最悪のルールを覚えさせるのです。

とは言え、まったく言うことを聞いてくれず、困り果てることもあります。

そんな時は、代案を提案するのが効果的です。

「妹を叩くのはダメ。ケガをさせてしまうよ。妹に反撃されても困るよね。叩きたいなら、枕にしてみてね」

こんな風に伝えてみましょう。

誰でも、肯定されることで心が落ち着きます。

そして、感情を発散する方法が他にあると知れば、自制心が育っていきます。

「〇〇したら、〇〇あげるよ」

一度使えば、どんどんエスカレートしていきます。

結果的に、子どもの持つ純粋な気持ちをすり減らすことになります。

これをすれば、あれがもらえると分かれば、最終的に、あれがもらえないならやらない、という思考になります。

大人でもそうです。

無理もありません。

それよりも、「協力してくれてありがとう」と声をかけましょう。

無垢な気持ちで、もっと協力しようと思うはずです。

自発的な行動が減ってきたら、「前に助けてくれて本当に嬉しかったよ」と伝えます。

相手も自分も幸せになることだと、子どもは気付いてくれます。

スポンサーリンク

「お利口さんだね」

誉め言葉として、安易に使ってしまいがちです。

子どもも嬉しそうにしているかもしれません。

しかし、いずれ、それ以上頑張ろうとしなくなってしまいます。

子どもは、良い結果だったから褒められたと捉えます。

そうすると、失敗できないという緊張感を抱きます。

ある実験で、パズルを完成させて褒められた子どもは、上のレベルのパズルに挑戦しようとしないことが分かっています。

利口でなくなることが怖いのです。

完成させることと同じくらい、挑戦することは有意義なことです。

「頑張ったね!」と伝えてあげましょう。

「泣かないで」

泣かれるのは、こちらも苦しいですよね。

つい、泣くことを否定してしまうかもしれません。

しかし、子どもは拒否されたと感じると、気持ちを封じ込めて、我慢することになります。

そして、予想もしないところで爆発する事態を招きます。

「泣きたい時もあるよね、いいよ、ここにいるよ」と、なるべく冷静に寄り添いましょう。

そして「今はお外に出られないから悲しいのかな」と、代弁してあげるのも良いです。

促すことで、子どもも上手に表現できるようになり、コミュニケーション能力を育むことにも繋がります。

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか?

子どもへの言葉選びは本当に難しいです。

大人同士とはまた違った心遣いが必要なんですね。

とにかく、相手がいくつであっても、上下ではなく、横の関係として接する気持ちが大切になりそうです。

子どもが泣き止みそうにない時は、一緒に泣いてみるのはいかがですか?

困らせてしまうかもしれませんが、「大人も泣くんだ」と子供に分かってもらうのも良いかもしれません。

子どもと向き合うのは、とても尊く、大変なことですね。

関連記事

  1. YouTube

    【衝撃】一度は乗ってみたい世界のビッグ過ぎる乗り物達!5選

    こんにちは、ナミです。世界中には、想像を超…

  2. YouTube

    【衝撃】絶対に食べてはダメ!身近なのに危険過ぎる植物!5選

    こんにちは、ナミです。最近は、健康に対する…

  3. YouTube

    【衝撃】とある理由で販売を禁止されてしまったゲーム達!5選

    こんにちは、リナです。最近では、過激な…

  4. YouTube

    【衝撃】今日の夜に見たらヤバいかもしれない夢!5選

    こんにちは、ナミです。最近、夢を見ましたか…

  5. YouTube

    【衝撃】10歳ぐらい肌が若くなるかもしれない食物!5選

    こんにちは、ナミです。見た目が若いと言…

最近の記事

  1. YouTube

    【衝撃】世界でも見かけない驚きにの珍しいバイク5選
  2. YouTube

    【衝撃】あなたの恋愛観をズバリ当てます!至高の2択恋愛クイズ!5選
  3. 未分類

    【衝撃】想像できない!世界に存在する奇病!5選
  4. YouTube

    【衝撃】アナタの常識はもう通用しない!今の学校にないもの!6選
  5. YouTube

    自分の発明品によって息を引き取った歴史上の人物たち!5選
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。