YouTube

【衝撃】アマゾンで出会ったら最後、本当に危険な生物5選

皆さん、こんにちは、リナです。

アマゾンといえば、大自然で色々な生物が生息しています。

生息している種類は500万種とも言われて、その中には人間にとって危険

生物が多く存在しています。

今回は、そんなアマゾンに生息している危険な生物5選について見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

殺人魚カンディル

アマゾンで危険な魚といえばピラニアを思いつく人が多いかと思います。

しかし、現地の人からピラニアよりも恐れられている魚がカンディルです。

大きさは20センチほどですが、魚のエラから体に入り込み、肉を食べてしまいます。

アンモニアのニオイに集まる習性がある為、人間のだったら尿道やお尻の穴から侵入され、

内蔵まで食べられてしまいます。

カンディルに襲われて亡くなる人も多いようで、まさに殺人魚です。恐ろしいですね。

サシハリアリ

「世界最強のアリ」とも呼ばれています。大きさは18ミリから30ミリで、日本でよく見ることができるアリと比べても、

かなり大きいのが特徴的です。

サシハリアリは別名「弾丸アリ」とも呼ばれています。その理由は、刺されると激痛だからです。

お尻に生えている針に刺された場合は、全てのアリや蜂の中でも1番痛いそうです。

24時間も痛みが続くので、恐ろしいアリです。

オオアナコンダ

アマゾンの中では、恐ろしく大きいヘビ、オオアナコンダが生息しています。

大きさは世界最大で5メートルから9メートル、体重は約100キロもあります。

ジャガーやワニ、人間でさえ飲み込んでしまいます。

空腹時に出会った場合は、最悪ですね。

スポンサーリンク

ペルビアン・ジャイアント・オオムカデ

足の多さを見るだけでも、ぞっとしてしまうムカデ。

しかし、日本にいるムカデは可愛いものです。

アマゾンに生息しているのは世界最大の大きさをもつペルビアン・ジャイアント・オオムカデです。

体長は約30センチあり、大きものでは約40センチを超えるものまでいます。

強力な牙で噛みつきプラスチックまで砕いてしまうほどの威力があり、

クモ、サソリ、カエル、ネズミ、小鳥まで食べる肉食です。

性格が凶暴なので、触れると容赦なく噛みつきますので、注意が必要です。

それにしても、見た目だけでも恐ろしいですね。

ジャガー

食物連鎖の頂点に君臨しているジャガーは、アマゾン最強の捕食者と言われています。

基本的には夜行性ですが、白昼でも行動でき、ネコ科では珍しく水を恐れないという特徴があります。

ワニ、アナコンダ、バク、アルマジロなど、さまざまな動物を狩り

人ですら襲うことがあります。

縄張りも約30キロ平方メートルと広く、排泄物や爪痕をマーキングとしています。

アマゾンの中では1番会いたくない動物ですね。

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか?

アマゾンには危険な生物が多いですね~。

日本という安全な場所に生まれて良かったな~と思ってしまいました。

最後まで見てくれて、どうもありがとうございました。

YouTubeのチャンネル登録お願いします!

関連記事

  1. YouTube

    【衝撃】ひょんなことから大富豪になった幸運の持ち主!5選

    こんにちは、ナミです。一攫千金は、誰で…

  2. YouTube

    【衝撃】とある理由で販売を禁止されてしまったゲーム達!5選

    こんにちは、リナです。最近では、過激な…

  3. YouTube

    【衝撃】一般人が絶対に入れない立ち入り禁止の場所5選

    皆さん、こんにちは、リナです。私達が普段生活してい…

  4. YouTube

    【衝撃】関西地方にある「アカーン!」な廃墟達!6選 その3

    こんにちは、ナミです。関西の廃墟シリー…

  5. YouTube

    九州・沖縄地方にあるヤバか~廃墟たち!6選 その1

    こんにちは、ナミです。九州と聞いて“廃…

最近の記事

  1. YouTube

    【衝撃】可愛い動物の信じたくない育児!5選
  2. 未分類

    中国・四国地方にあるいびせ~廃墟たち!5選
  3. YouTube

    【衝撃】世界に存在する驚きの車!見たことのない不思議な車とは?
  4. YouTube

    【衝撃】実在した動物が育ての親だった世界の子供たち!5選
  5. YouTube

    【衝撃】お土産で渡したら喧嘩になる!?マズ過ぎる世界中のお菓子!5選
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。