YouTube

【衝撃】ご主人様を助けた優秀過ぎる動物たち!5選

 

こんにちは、ナミです。

ペットは家族。これは、もはや共通認識と言っても過言ではありません。

時には、人同士よりも強い結び付きが生まれることもあります。

そして、家族と思っているのは人間だけでなく、

動物たちも同じように感じているのかな…と思わせてくれる出来事があります。

今回は、ペットたちが繰り広げたドラマチックな救出劇5つをご紹介します。

 

スポンサーリンク

1:火事を知らせたウサギ

2013年のクリスマス間近のある夜のこと。
アリゾナ州で暮らすコールさんは、大きな物音で飛び起きました。
一緒に暮らしているのはかわいいウサギだけなので、
そんな音が聞こえてくるはずがないのです。

恐る恐る物音がするキッチンに行ってみると、
2匹のウサギが、懸命に床を踏んでいました。
何事かと駆け寄ると、そばに煙が見えました。
電気ケトルのコードから、煙が出ていたのです。

キッチンの火災探知器が作動するほどの火事になる前に、
2匹が知らせてくれました。
大きな音が苦手なはずなのに、相当頑張ってくれたのでしょう。

 

2:車を停めたブタ

ペンシルベニア州のアルトスマン夫妻も、九死に一生の経験をしました。
夫妻は娘が飼うブタのルルを、一時的に預かりました。
あまりのかわいさに愛着が湧き、そのまま引き取ることになりました。

その1年後、二人がいつものようにルルを可愛がり、
夫が妻とルルを家に残して釣りに出たあと、突如、妻が家の中で心臓発作を起こしたのです。

状況を察したルルは、犬用の出入り口からむりやり脱出。
車道の中央に出て、走ってきた車を止めました。
そして、驚く運転手を、家まで導いたのです。

彼女は救急隊に助けられ、手術を受けました。
もう少し遅けば助からなかったそうです。

 

スポンサーリンク

3:暴漢を追い払ったヨウム

ウンジーは、イギリスで暮らすヨウムです。
飼い主である女性と近所の広場を散歩するのが日課です。
ある時、知らない男がいきなり飼い主を襲ってきました。

突然のことに飼い主は驚き、倒れてしまいました。
その時、ウンジーは咄嗟に男に反撃したのです。
大きな羽根を広げ、鋭いくちばしで襲いかかりました。
ウンジーは見事に男を撃退し、飼い主もケガなく無事でした。

ヨウムは、インテリジェンスに富むことで知られています。
言葉を覚えるだけでなく、コミュニケーションを図ることができるとされています。
飼い主のため、その力を存分に発揮したのです。

 

4:助けを呼んだネコ

ウェストヨークシャー州のスリンキーは、とても賢い猫です。
飼い主の危機を見事に救いました。

2014年のある日、飼い主のジャネットはモルヒネを打ちました。
重度の腰痛に悩まされ、医師から処方されていたのです。
しかし、その日は強い副作用で、意識障害に陥ってしまいました。

するとスリンキーはすぐに隣家に行き、窓ガラスを叩きました。
スリンキーの懸命なアピールが家の人に届き、
無事にジャネットを見つけて、救急車を呼んでくれました。

猫は比較的、自由気ままと言われますが、
どこにいても、いつも飼い主を感じているのかもしれません。

 

スポンサーリンク

5:窒息に気づいたインコ

インコのウィリーは、コロラド州のミーガン家の愛鳥です。

2009年のある日、家中に「ママ!ベビー」という金切り声が響きました。
その声の主は、ウィリーでした。
一家のかわいい2才のベビーが、タルトを喉に詰まらせてしまったのです。
家族がベビーから目を離した一瞬に出来事で、
ベビーは窒息状態、真っ青になっていました。

あまりの声に家族が気付き、なんとか一命を取り留めました。
ウィリーの瞬時の判断や行動は、まさに“家族”そのもの。
赤十字社の「アニマルライフセーバー賞」を授与されたのも納得です。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

人間の言葉で会話ができない分、

こういう出来事あると、より強い絆を感じますよね。

きっとみんな、人間の分からない言葉で「大変だ!」っと慌ててるに違いありません。

今回の中だと、特にブタのルルの行動は、ほぼ人間ですよね。

ペットは家族。これは間違いないですね!

 

最後までご視聴いただき、どうもありがとうございました!

関連記事

  1. YouTube

    【衝撃】今日の夜に見たらヤバいかもしれない夢!5選

    こんにちは、ナミです。最近、夢を見ましたか…

  2. YouTube

    凄い場所に家が建っている!何でこんな所に建物が?5選

    皆さん、こんにちは、リナです。もし私が家を購入するなら買い…

  3. YouTube

    【衝撃】死にたくても死ねない生き物!5選

    こんにちは、ナミです。生物の命は、ひとつで…

  4. YouTube

    【衝撃】100年後に完全に無くなっている国TOP5

    皆さん、こんにちは、リナです。100年後、どうなっているん…

最近の記事

  1. YouTube

    【衝撃】10歳ぐらい肌が若くなるかもしれない食物!5選
  2. 未分類

    【衝撃】想像できない!世界に存在する奇病!5選
  3. YouTube

    【衝撃】一度は乗ってみたい世界のビッグ過ぎる乗り物達!5選
  4. YouTube

    【衝撃】大地震の津波で世界中に流れ着いた日本の物!5選
  5. YouTube

    【衝撃】実際に存在する恐怖症の種類と克服方法6選
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。