YouTube

自分の発明品によって息を引き取った歴史上の人物たち!5選

こんにちは、ナミです。

世紀の大発明は、世界中で誕生しています。

人の暮らしを豊かにしたり、命を救ったり。

すぐには身近に感じられないものもありますが、

なんにせよ希望に満ち溢れていますよね。

その裏には、計り知れない努力や苦悩があるのだろうと、誰しも思いますよね。

でも、多くの発明家が自らの開発品で命を落としているなんて、

想像もしないのではないでしょうか。

そこで今回は、自分が作ったものに命を奪われた発明家5人をご紹介します。

あまりにも悲し過ぎます。

 

スポンサーリンク

1:トマス・ミジリー

彼はとても優れた発明家です。
一方で、その発明品で“歴史上最も多くの人を殺した”という、
不名誉な言われ方をしています。

彼が生み出したのは、有鉛ガソリンです。
半世紀ほど前までは、日本でも車のガソリンに使われていました。
しかし、とある地域での鉛中毒の蔓延を発端に禁止されました。

実は、彼自身も50歳を過ぎて中毒に陥りました。
病に倒れながらも、やはり発明家です。
今度は、何とか自力で起き上がるための器具を作りました。

その顛末は、決して明るいものではありませんでした。
器具が首に巻き付いてしまい、窒息死したのです。

 

2:オットー・リリエンタール

彼が作ったのは、ハンググライダーです。
航空に関する開発のさきがけと言われています。

何事もそうですが、機能性と安全性の両立が不可欠です。
有人飛行は夢がありますが、その確認作業はまさに命懸け。
彼は5年の歳月をかけて、2500を超える実地試験を行いました。

いつもどおり空を飛んでいたある日、
急な突風に煽られて、約20メートルの地点から地面に落ちました。
彼は脊椎を折り、48歳で命を落としました。

「小さな犠牲は払わねばならない」。これが彼の最後の言葉です。
まさに人生をかけた発明でした。

 

スポンサーリンク

3:フランツ・ライヒェルト

今のパラシュートの原型となるものを開発しました。
本業は仕立屋なので、良い素材と職人技で完璧に仕上げました。
絶対の自信があったのです。

それを証明するべく、彼はデモンストレーションを行うことを決め、
大勢の人とマスコミを集めます。
中途半端では逆効果になると考えたのでしょう。
エッフェル塔をその場所に選びました。当時の世界一高い建造物です。

彼は、高さ60メートルのデッキから飛び立ちました。
しかしパラシュートは開きませんでした。
多くの目撃者が見守る中、その場で死亡が確認されました。

 

4:ウィリアム・バロック

この発明が、今の新聞印刷の技術に繋がっています。
彼は、160年ほど前に、輪転機を開発しました。
60分で1万枚を刷り上げる、当時には画期的な機械でした。

その後、進化させたニュータイプを作りました。
ただ、その組み立てが思うようにいきませんでした。

何度も壁にぶち当たってきたはずでしたが、
いらだつ気持ちを抑えられず、滑車に向かってベルトを蹴り入れました。
ベルトが足を離れず、輪転機に巻き込まれたのです。

彼の足は壊死状態になり、数日後に切断手術が行われました。
しかし、その手術中に亡くなりました。

 

スポンサーリンク

5:マリ・キュリー

夫のピエールとともに、研究に心血を注ぎました。
“キュリー夫人”という呼び方は馴染みがありますね。
元素に、祖国の名“ポロニウム”とつけたことも有名です。

また、ウラン鉱石からラジウムも発見しました。
ノーベル賞の物理学賞と化学賞を受賞したことが、
その功績を物語っています。

しかし、熱心な研究の間、放射線にさらされていました。
それにより、再生不良性貧血で亡くなりました。

パイオニアが相手にしているのは、人間にとって未知のもの。
いつの時代も危険と隣合せています。

まとめ

いかがだったでしょうか?

自分の命を「小さな犠牲」と言えるなんて、すごいですよね。

小物の私には、本望だなんてとても思えそうにありません。

悲しい最期を遂げた偉人たちですが、

生きていたら、さらに世界を驚かせる発見をしていたんでしょうね。

本当に残念です。

世の中の便利なもの。それを私たちは当然のように使っています。

長い年月と歴史があることを、忘れてはいけませんね!

 

最後までご視聴いただき、どうもありがとうございました!

(本編よりも甘め、可愛めの声で、「ポチッ!と」は大げさに)
動画の下、チャンネル登録ボタンの右に、ベルの形をしたボタンがありますよね?
それをポチッ!と押すと、動画を更新したときに通知が来てすごく便利ですよ!
むしろ、ポチッ!と押しておかないと、損をするかも〜!
ベルボタンをポチッ!としてもらえると幸いです!
何より、私がすご〜く喜びます!

関連記事

  1. YouTube

    【衝撃】3Dプリンターで作られたリアル過ぎるもの5選

    皆さん、こんにちは、リナです。3Dプリンターって、…

  2. YouTube

    【衝撃】海の中に潜んでいる最も恐ろしく危険な生物5選

    皆さん、こんにちは、リナです。海の中には色々な種類…

  3. YouTube

    【衝撃】アマゾンで出会ったら最後、本当に危険な生物5選

    皆さん、こんにちは、リナです。アマゾンといえば、大…

  4. YouTube

    【衝撃】世界に存在する最も危険な道路5選

    皆さん、こんにちは、リナです。日本の道路といえば、…

  5. YouTube

    【衝撃】一度は乗ってみたい世界のビッグ過ぎる乗り物達!5選

    こんにちは、ナミです。世界中には、想像を超…

最近の記事

  1. YouTube

    【衝撃】世界でも見かけない驚きにの珍しいバイク5選
  2. YouTube

    ブラックホールの中は?吸い込まれたらどうなるのか?4選
  3. YouTube

    【衝撃】海外から来た人がびっくりする日本人の行動!6選
  4. YouTube

    【衝撃】世界中に存在するありえない一軒家!5選
  5. YouTube

    【衝撃】あなたの頭にもいつか降ってくるかもしれない驚きのモノ!5選
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。