YouTube

【衝撃】誰も知らない飛行機のとんでもない秘密!5選

こんにちは、ナミです。

飛行機と聞くと、事故やアクシデントのイメージがありませんか?

多くの人を、遠くまで短時間で、快適に運んでくれる。

ものすごく夢のある乗り物なのに、怖いと思っている人は少なくありません。

でも、実はそのほとんどが思い込みなのです。

今回は、知られていない飛行機の真実5つをご紹介します。

これからはもっと安心してフライトを楽しめるはずです。

 

1:公共交通機関で一番安全

ハーバード大学の講師によれば、死亡する確率は次のとおり。
自動車事故が5000分の1、雷に打たれる確率が1万3000分の1と高いのに対して
飛行機は1億1000万分の1と圧倒的に低いのです。

ボーイング社が明らかにする致命的なフライトの確率は、200万回に1回。
半世紀で、そのリスクは10分の1にまで減っているのです。
そして、危険なフライトが起きても、生存の可能性は十分にあります。

飛行機は、テロの危険も連想させるかもしれません。
米国運輸省のデータによれば、その確率は約1655万フライトに1回。
この数字よりも、サメに襲われる確率の方が上回るそうです。

 

2:テスト数が膨大

自動車の衝撃テストは、イメージがありますよね。
あまり知られていませんが、飛行機も膨大なテストを行っています。

翼に想定以上の負荷をかけて、強度を確認します。
また、強さだけでなく、柔軟に曲がることも重要です。

飛来する鳥などの障害を想定し、実際に死体を投げ入れます。
嵐がフロントガラスに与える衝撃や、
雨がエンジンの作動を妨害しないかなどもチェックします。

このほか、極端な温度の変化、雷、燃料の不足など、
あらゆる緊急時に備えてテストします。
メーカーは、私たちが想像する以上に、安全性を大切にしています。

 

3:エンジン1つでも着陸できる

一度飛んでしまえば、エンジン1つでフライトできるように作られています。
では、エンジンが作動しない時はどうなるのでしょうか。

実は、そんな状況でもかなりの時間、飛行が可能です。
エンジンを2つ搭載する飛行機が多いのですが、
1つしか機能しなくなっても、それなりの高さで飛行していれば、
十分な距離を飛び、着陸できます。
あらゆる動力が失われるトラブルに見舞われながら、
およそ120km近くを飛び、安全に帰ってきた事例もあります。

2つとも故障する心配もよぎりますが、
その確率は、フライト10億時間において1回以下という数字が出ています。

 

4:機内はかなり清潔

多くの人が出入りするので、空気が汚れているイメージもあります。
密室で、いつ換気されているかも不安ですよね。
どのくらい空気が汚れているのかと言うと、
実は、私たちの部屋や職場よりずっときれいな環境なのです。

病院のICUで導入されているものと同じフィルタが使われ、
数分おきに循環システムが作動しています。
空気については、ほぼ心配は不要です。

清潔面で気に掛けるなら、空気より物質です。
座席のテーブルや、機内に設置されたボタンのほか、
冷水機は特に細菌が発生しやすい場所です。
除菌アイテムを駆使して、対策しましょう。

 

5:乱気流はそんなに危なくない

乱気流に遭うと、不安になりますよね。
機体が大きく揺れるので、
放り出されてしまうのではないかと、身の危険を感じます。
しかし、パイロットいわく「乱気流は普通のこと」なのです。

乱気流に巻き込まれれば、機体が揺れます。
なので、なるべく避けるために最善を尽くします。
珈琲をこぼさないように飲むのと同じレベルのことなのです。
乱気流のせいで、飛行機が壊れることはありません。

揺れを避けるには、翼の真上の席を選ぶのが良いです。
また、早朝や日没後など、大気が落ち着いている時間帯は、
乱気流に遭遇しにくいそうです。

 

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか?

無知って怖いですね。とてもホッとしました!

速く着くけど、車や電車の方がずっと安心な感じがするし、

それでいて料金高いって飛行機って微妙?

とすら思っていました。お恥ずかしい限りです。

リスクゼロとはなりませんが、飛行機は、相当安全な乗り物なんですね。

とても勉強になりました!

 

最後までご視聴いただき、どうもありがとうございました!

関連記事

  1. YouTube

    【衝撃】スマホに負けてない!?Nokiaのヤバい携帯電話!5選

    こんにちは、ナミです。斬新な機種で知られる「ノ…

  2. YouTube

    【衝撃】リコールされた子供用のおもちゃ恐ろしく危険過ぎる!

    皆さん、こんにちは、リナです。子供用のおもちゃは、…

  3. YouTube

    NASAの元職員が暴露した衝撃的な内容ランキングTOP4

    NASA(アメリカ航空宇宙局)には興味深い話しが多く存在します…

  4. YouTube

    【衝撃】地球の兄弟!?地球とそっくり過ぎる星たち!5選

    こんにちは、ナミです。宇宙の研究はまさに日進月…

  5. YouTube

    【衝撃】世界で実際に売っていた高価過ぎるおもちゃ!5選

    こんにちは、ナミです。子供のおもちゃと…

  6. YouTube

    【衝撃】世界に存在する絶対に行ってはいけない危険な観光地5選

    皆さん、こんにちは、リナです。ゆっくりと休みが取れたら世界…

最近の記事

  1. YouTube

    【衝撃】人気者間違いなし?面白すぎるスマホのケース!5選
  2. YouTube

    【衝撃】実在した動物が育ての親だった世界の子供たち!5選
  3. YouTube

    【衝撃】全然売れなかったダサすぎる日本のクルマランキング!ワースト5
  4. YouTube

    【衝撃】家の裏庭で偶然にも発見された驚きのヤバイもの5選
  5. YouTube

    【衝撃】いつか人間が住めるようになるかもしれない星!5選
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。