YouTube

【衝撃】思わず二度見してしまう海底のいきものたち!6選

こんにちは、ナミです。

深海には、ちょっと…いえ、かなり変わった生物がたくさんいます。

テレビなどでも、ユニークな顔つきをした魚が紹介されていますね。

今回は、顔だけでなくフォルム全体や生態に珍しい特徴を持つ、

不思議な深海生物を6つご紹介します。

未知過ぎる深海の虜になるかもしれません。

 

1:ピンポンツリースポンジ

「スポンジ」の名前が付いているとおり、スポンジのような形状をした海綿動物の仲間です。

サンタクルーズ近くの太平洋沖に生息しています。

中心部分は木のようにしっかりしていて、その先に、ピンポン玉のような球体がくっついています。

見た目そのままのネーミングです。

体長は50センチほどで、ピンポン部分が青白く発光します。

この外見でちょっと驚きなのが、肉食ということ。

ぼわっと発光する球体に集まる、小さな生き物を捕まえます。

表面は繊維でできていて、これを使って絡め取ります。

危険とは程遠い外見で、甲殻類などをどんどん捕食します。

 

2:コンドクラディア・リラ

こちらも、とても珍しい肉食の海綿動物です。

同じくアメリカ・カリフォルニア沖に生息しています。

発見された時は、2枚の羽根しか付いていなかったそうです。

次にみつかったものは、6枚もの羽根がありました。

この羽根(羽根という表現が正しいかは何とも言えない)ですが、土台の部分から、美しく放射状に生えています。

「リラ」はラテン語でハープという意味があり、この独特の形状が由来となっています。

ふわふわと漂っていますが、先端にはフック状のトゲがあり、そこに引っ掛けて捕食します。

取り込んだ生き物を膜で覆い、時間をかけて消化します。

生存するために進化したと考えられています。

 

3:オオグチボヤ

ホヤの一種ですが、深海にいることに加えて、私たちに身近な、あのホヤとは、様々な点で一線を画しています。

国内での生息域は狭く、北陸で群生しています。

最も特徴的なのが、大きな口です。

深い海の底ですが、笑っているようにしか見えません。

一般的なホヤと違い、水を取り込む繊毛という器官がないため、口を開けて、水や生物を取り込んでいます。

体は、ゼリー状をしていて、透き通っています。

大きいものだと30センチを超えるものもあります。

時折り、口を閉じて身を縮める仕草を見せます。

また、ホヤの中には、栄養価が高いものもありますが、オオグチは今のところ、そのような特徴は無いそうです。

 

4:ウロコフネタマガイ

次は、かなり個性的な特徴を持つ巻貝です。

なんと「鱗状の鎧」を身にまとっているのです。

2001年、インド洋の海底で発見されました。

身を守る術として、鱗が発達したと考えられています。

何百も重なる鱗が、危険な環境を物語っています。

特徴はこれだけではありません。

鱗を含めた貝全体が、磁気を帯びています。

磁石を近付けると、見事に吸い付きます。

世界中を見渡しても、他に類を見ない、唯一体が金属でできた生物です。

巻貝は、海底の地熱が噴き出る割れ目で発見されました。

このエリアは硫化物とメタルの成分が濃く、それが鱗に取り込まれていることが一因です。

 

5:タルマワシ

大きさ3センチほどの、小さな節足動物です。

樽のように見える皮を器用に回すことから、このような名前が付けられています。

透明な容器に入っているだけでは…?

と思った方は、すでにタルマワシの術中にハマっています。

実は、油断させてホヤを食べてしまいます。

そして、食べ残した殻を被っているのです。

いかにも未知の深海生物といった行動やビジュアルです。

さらに、その要素は子にも受け継がれます。

タルマワシは樽(食べ残した殻)に卵を産み、その場を離れます。

孵化した子は、自然にその殻を食べるのです。

無駄がなく、よくできた仕組みです。

 

6:ユメナマコ

ユメナマコは、深海の泥に生息しています。

オシャレなネーミングさならが、その振る舞いは、なんともエレガントです。

一番の特徴は、ナマコの癖に泳ぐこと。

足の部分が進化し、ヒレのようになっていて、それを駆使して、ナマコとは思えない泳ぎを見せます。

色合いのナマコっぽさは、口元の赤紫色のワンポイントだけです。

全体はピンクがかっていて、体の部分は器官が見えるほど透き通っています。

闇に身を潜めて、危険を遠ざけています。

エサは、他のナマコと変わりません。

海底を這い、砂地に口を入れて有機物から摂取します。

 

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか?

横にくたっと伸びた、かわいい顔のイメージが強かったのですが、

想像をはるかに超えた、ユニークな生き物ばかりでした。

間違いなく、もっといろんな仲間がいますよね!

変わった生物ばかりで、深海全体が水族館みたいですね!

最後までご視聴いただき、どうもありがとうございました!

関連記事

  1. YouTube

    【衝撃】不人気過ぎて全然売れなかった世界の携帯ゲーム機!ワースト5

    こんにちは、ナミです。ゲームを楽しむ人、増えて…

  2. YouTube

    【衝撃】アマゾンで出会ったら最後、本当に危険な生物5選

    皆さん、こんにちは、リナです。アマゾンといえば、大…

  3. YouTube

    【衝撃】かかあ天下!強すぎる動物の雌たち!5選

    こんにちは、ナミです。夫婦は、かかあ天…

  4. YouTube

    【衝撃】地獄よりも恐ろしい世界で最も過酷な刑務所5選

    皆さん、こんにちは、リナです。刑務所というと犯罪を…

  5. YouTube

    【衝撃】世界に存在する驚きの車!見たことのない不思議な車とは?

    【衝撃】世界に存在する驚きの車5選皆さん、こんにちは、リナです…

最近の記事

  1. YouTube

    【衝撃】学校用の文房具・事務用品が奇妙で面白い!
  2. YouTube

    【衝撃】絶対に泳いではいけない!世界に存在するとんでもない海!5選
  3. YouTube

    【衝撃】数百年後に私たちに起こるかもしれない変化!5選
  4. YouTube

    【衝撃】なんとなくやってるけど実はダメな行動!5選
  5. YouTube

    【衝撃】とんでもない理由で110番してしまった人たち!5選
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。