YouTube

【衝撃】実際に人の力で釣った海の大きすぎる生物たち!5選

こんにちは、ナミです。

釣りは、家族や友達、そして一人でも楽しめる趣味のひとつですね。

のんびりしたり、珍しい魚を探したり、楽しみ方は様々。

でも、想像を遥かに超えた巨大魚が釣られていることを、知っていますか?

今回は、本当に釣れてしまった、驚きの巨大生物5つをご紹介します。

 

スポンサーリンク

日本にも居る!巨大魚イシナギ

日本で有名な巨大魚と言えば、イシナギです。

イシナギは、スズキ目スズキ科の海水魚のことです。

巨大な魚を釣り揚げるのは、どんな感じなのでしょうか?京都の丹後半島沖で、イシナギを釣った人のお話を紹介します。

まずは、エサにするためのメダイを釣りました。メダイは50センチと、一般的なサイズです。

メダイを糸につけて垂らすと、すぐに引っ掛かりました。

懸命に引き揚げ、あまりの重さに腕がクタクタになったそうです。

さらに、残っていたエサを垂らすと、また大きな引きがありました。電動の釣り竿を使って、なんとか引き揚げたそうです。

そして、2回目のイシナギは、なんと190cm!重さも130キロほどあったそうです。

 

最大では900kgを超えるクロカジキ

魚に詳しくなくても、カジキは有名ですよね。中でも、大型なのがクロカジキです。

実は、オスよりもメスが大きく、体長約400メートル、重さは900キロにもなります。

世界記録は、2002年に南米のソドワナ湾で釣られた504.8キロ!

そして、実は日本にも、世界記録を持つ人がいます。佐久間文子さん。そう、なんと女性なのです。

佐久間さんが釣り揚げたクロカジキの重量は、驚きの428キロ!

これは国際的な団体であるIGFAが認定した、歴史に残る快挙です。

ちなみに、クロカジキは英語で「ブルーマーリン」と言います。死ぬ直前に、体やきれいな青色になることに由来します。

一方、和名が「クロカジキ」なのは、死後に黒くなるからです。

 

南極で釣れたダイオウホウズキイカ

ダイオウホウズキイカは、超巨大なイカです。成体の完全な標本がなく、巨大であること以外、詳細は不明でした。

そして数年前、全長10メートルの代物が、ついに捕獲されました。

場所は、南極のロス海。重さ450キロ超は、歴代のイカ史上、世界最重量です。

発見したのは、ニュージーランドの漁師たちです。

すでに瀕死の状態だったので、なんとか捕まえることができました。とは言え、9人で、2時間もかけて引き揚げたそうです。

もちろん、巨大イカに出会うことは想定外でした。

それでも冷凍ケースに入れて、よい状態で持ち帰ってくれました。

優れた標本が作られたのは、漁師の丁寧な仕事のおかげです。

 

スポンサーリンク

150歳超え!オヒョウ

名前も見た目もちょっとかわいい巨大魚の仲間です。

カレイ目カレイ科の魚で、見た目や生態はカレイに似ています。

表面(目のある側)は暗い褐色、裏側は白色をしています。

大きいものだと全長3メートル、体重200キロを超えます。ただし、大きくなるのはメスだけで、オスは1/3サイズです。

オヒョウは種類が豊富で、世界各地にいます。

生息場所は、水深400~2000メートルの、極めて傾斜が緩やかな海底です。

冷たい海を好み、日本では東北以北にタイヘイヨウオヒョウがいます。

そして、中には、150歳という長生きな個体もいるそうです!

海底で150年とは、まるで海の主ですね。

ちなみに、100キロを超えるオヒョウは、推定100万円以上の価値があるそうです。

 

スポンサーリンク

6mオーバーの大ザメ

映画の影響もあってか、サメは怖さが印象的ですよね。

そして、なんとなく海外にしか生息しないイメージがありませんか?

実は、世界で約500種、日本近海では130種も発見されているんです!

でも、実際に人間を襲う可能性があるのは30種ほどです。

体の大きさは、種類によって様々です。

普通は、大きくても3メートルほどですが、オーストラリアで、その2倍のサイズのサメが釣り揚げられたそうです。

しかも、見境なく、なんでも口に放り込むイタチザメ。勇ましいサーファーも怯えているとか…。

ところで、サメの語源は知っていますか?

多くの説がありますが、「小さい目(小目)」というのは、納得できる説のひとつですね。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

一般的に想像する「釣り」とは、一線を画すものばかりでしたね。

世界中の海で、まだ見ぬ巨大生物を釣り揚げるのは、ロマンがあります。

でも、やっぱりちょっと怖いですね。

最後までご視聴いただき、どうもありがとうございました!

関連記事

  1. YouTube

    【衝撃】海に投げ出されても諦めずに生還した人!6選

    こんにちは、ナミです。海には危険がいっぱい…

  2. YouTube

    【衝撃】1リットルあたり値段が高い液体ランキングTOP6

    皆さん、こんにちは、リナです。普段、私達が飲んでい…

最近の記事

  1. YouTube

    【衝撃】助けてあげたい珍しすぎる恐怖症!6選
  2. YouTube

    【衝撃】世界で実際に売っていた高価過ぎるおもちゃ!5選
  3. YouTube

    【衝撃】なぜそこに建てた!?と突っ込みたくなる場所の家!5選
  4. YouTube

    【衝撃】自分の家から天才を出す方法!5選
  5. YouTube

    【衝撃】今日の夜に見たらヤバいかもしれない夢!5選
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。