YouTube

【衝撃】世界の中でも一番強かった伝説の軍団!5選

こんにちは、ナミです。

 

国家の発展の歴史を見ると、そこには必ず人がいます。

戦の時代には、戦場で多くの兵士・戦士が活躍しました。

その中には、とりわけ屈強だった猛者たちがいます。

今回は、そんな猛者たちを率いて世界で名を馳せた、強大な軍団をご紹介します。

 

スポンサーリンク

古代ローマ軍団

その存在は、古代の戦士のシンボルです。

軍兵の甲冑「ロリカ・セグメンタタ」はあまりにも有名です。

規律を尊重するスタンスは逸話になっています。

優れた軍団の形成の背景には「マリウスの改革」があります。

マリウスは貧困層に着目しました。歩兵を職業とし、働きやすい環境を作りました。

これが、軍事にとどまらず、国家全体の発展にも寄与しました。

ハイレベルな訓練が行われ、戦闘や偵察など、任務は拡大しました。

密集した布陣を築く戦法も、特徴的です。

その機能や装備品は、時代に合わせて変化しています。

 

中世ヨーロッパの騎士

騎士と言うと、どんな姿を連想しますか?

背筋を伸ばし、カッコよく馬にまたがる姿でしょうか。

実は、中世後期には、馬に乗らずに戦っていたそうです。

騎士の登場は8世紀に遡ります。

時代によって、騎士のスタイルは大きく変化してきました。

装備品もその一つです。

ヨーロッパでは、15世紀末~16世紀初頭に、板金鎧が開発されました。

その後、南部と北部とで、ゲルマンスタイルとイタリアスタイルに派生します。

さらに、他国の多数派とは一線を画す、英国式も生まれました。

武器は、主に槍や鈍器がメインです。

剣は鎧に対する効果が低く、戦場では鎖を切るサブ的な道具でした。

それ以外は、身分の証としての意味合いが大きかったようです。

 

ペルシアのアタナトイ(不死隊)

ペルシア帝国のアケメネス朝に、不死隊と呼ばれた部隊があります。

1万人もの大勢の兵を備えながら、「不死」とはどういうことなのでしょうか?

不死隊は、兵士が負傷するとすぐに、他の兵士を補います。

どんなに倒れても、常に1万人を維持し続け、まるで何も起きていないかのような状況を作り上げていました。

そのような豊富な人員を確保できたことからも、当時の国家の強大さを感じ取ることができます。

不死隊は、複数民族で築かれていました。

装備などは統一されず、民族ごとに多彩でした。

基本的には、装備も暮らしぶりも豪勢で、鎧は金で着飾られ、使用人や幌馬車を連れていたそうです。

 

スポンサーリンク

イギリスのロングボウ兵

ロングボウ兵を語るうえで外せないのは、アジャンクールの戦いです。

百年戦争のさなか、イングランドとフランスが繰り広げた戦いです。

ロングボウ部隊は、倍以上の人員を擁したフランス軍に圧勝しました。

この戦いの勝因は、ロングボウにあると言われています。

しかし、ロングボウそのものが革新的だったわけではありません。

集団で使用したことと、それを可能にしたスキルが素晴らしいものでした。

ロングボウの扱いには、高いレベルが必要です。

完璧に使いこなせてこそ、威力が発揮される武器です。

兵士の熟練度はもちろん、その育成力が注目を集めました。

 

外国では、侍は日本を代表する戦士として扱われています。

もともと日本では、いわゆる官人に対する呼び名でしたが、そこから武士をさす言葉になりました。

はじめは、薄い板に穴を開けて紐でつないだ鎧が用いられました。

頭からかぶって両肩に掛け、胸と背中を覆います。

頑丈であればあるほど、かなりの重量がありました。

ご存知のとおり、侍と言えば、巧みな刀使いです。

戦いでは、弓や槍も使っていたそうです。

次第に、ポルトガルから銃が入ってくるようになりました。

武器や戦い方の変化に合わせ、大量に作れることも考慮されました。

ヨーロッパなどからも影響を受けながら、素材の改良、軽量化が進みます。

こうして生まれた当世具足は、とても有名な鎧です。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

目的は同じでも、いろいろなスタイルがありますね。

武器だけでも、技術だけでも、勝つことはできないし、

個が強くても、チーム全体で力が発揮できないと意味がありません。

そう思うと、総合力を上げるのはとても大変ですね!

そういう勇ましさも、とってもカッコイイです!

最後までご視聴いただき、どうもありがとうございました!

関連記事

  1. YouTube

    【衝撃】これもウソ!?科学的に否定された誰もが知ってる噂!5選

    こんにちは、ナミです。私たちの周りには、たくさ…

  2. YouTube

    壮絶なイジメを受けたのでイジメっ子に凄い復讐!3選

    皆さん、こんにちは、リナです。今回は、イジメられた…

  3. YouTube

    【衝撃】ヤバ過ぎる海外のブラック校則!6選

    こんにちは、ナミです。校則と言えば、もはや定番…

  4. YouTube

    【衝撃】人間の肉体から見える生物の進化の軌跡!6選

    こんにちは、ナミです。生物には、退化した器…

最近の記事

  1. YouTube

    【衝撃】人間が作った世界で1番最速の乗り物6選
  2. YouTube

    【衝撃】人間の肉体から見える生物の進化の軌跡!6選
  3. YouTube

    【衝撃】ご主人様を助けた優秀過ぎる動物たち!5選
  4. YouTube

    【衝撃】ヤバすぎるガチでNGな男性ファッション!6選
  5. YouTube

    【衝撃】目玉が飛び出るほど高価な世界の電話番号!トップ4
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。