YouTube

【衝撃】誰かに話したくなる!血液型の意外な事実!5選

 

こんにちは、ナミです。

血液型占いは信じますか?

信じない人、いい事だけ信じる人、様々ですよね。

性格的な傾向を掘り下げていくと、深~い人間性が見えたり、

血そのものが違う事で、身体的にも違いがあったりします。

今回は、あまり知られていない血液型の意外なこと5つをご紹介します。

血液型占いが誕生したきっかけは、ちょっと驚きですよ。

 

スポンサーリンク

1:蚊に刺される確率が違う

夏になると、よく蚊に刺される人っていますよね。

「血が美味しいんだね!」なんて会話をしたことがあるかもしれません。

蚊に刺される原因は、いくつかあります。

温度や汗に反応するので、体温が高い人や、汗をかきやすい人に寄っていく傾向があります。

そして、血液型も関係していることが分かっています。

これについて、イギリスでは40年近く前から研究が行われています。

血の成分ではなく、吸われた血を蚊の体内から採取して調べるという、とても直接的な手法です。

その結果、O型が最も刺される確率が高いと結論づけています。

続いて、B、AB。最も刺されにくいのはA型でした。

 

2:金銭感覚が違う

お金の使い方についても、それぞれ特性があります。

A型は、特売のチラシを片手に、遠くのお店に行くタイプです。

ガソリンや時間はさておき、お得に執着しがちです。

B型は無頓着で「無ければ無くてもいい」という発想です。

後先考えず、衝動買いをする傾向があります。

リアリストなO型は、安売りには踊らされません。

本当に欲しいものを買って、大事にします。

ただし、高級品に弱く、貯めたお金で、一気に数百万の時計を買うような一面もあります。

AB型は、見栄っ張りなところがあり、食事をご馳走するなど、大サービスします。

必要以上のお金やカードを持たない事が大切です。

 

スポンサーリンク

3:好みの人間関係が違う

動物は本能的に、自分に最適な生活をしようとします。

群れを作ったりテリトリーを持ったり、そういった行動は、生まれながらにして習得しています。

その点、人間は変わっていて、環境に左右されます。

また、その左右されやすさは、血液型による違いがあるそうです。

A型とO型は集団を好み、B型とAB型は、個を重視する傾向があります。

自分が集団主義だからと言って、相手がそうとは限りません。

なんでも一緒にやる方が楽しいだろうと思って予定を合わせても、相手にとってはありがた迷惑の可能性も。

どんなタイプなのか考えることが、うまく付き合うヒントになるかもしれません。

 

4:O型ではなくC型だった

誰しも一度は思ったことがあるのではないでしょうか。

血液型はどうしてA、Bときて、Cにならなかったのか。

あえてOにしているとすれば、そこには深い意味がありそうですよね。

この問いの答えは、諸説あるそうです。

その中でも、有力と考えられているのは、見間違い説です。

血液が研究され、それぞれ命名された時、本当はA、B、C型でした。

しかし、印刷の調子とインクの兼ね合いで、Cの右側が繋がって見えてしまい、

そのままO型として、研究所で広まってしまったのだとか。

今となっては「大らかなO型」なんて言われるので、結果的には、こちらの方がしっくりきている気もしますね。

 

スポンサーリンク

5:血液型占いは日本の大学教授が作った

あまり知られていませんが、実は、血液型占いは日本生まれです。

教育学者の古川教授が研究し、基礎を作りました。

教授は、大学の点数重視の試験に疑問を感じ、人間性を考慮する方法として、血液型による違いを論文にしました。

80年ほど前に発表され、大きな注目を集めました。

それから50年ほど経ち、能見正比古氏が、占いを題材にした本を発売しました。

これを機に大ブームとなります。

一方、海外からは「奇妙な科学」と揶揄されています。

実際、自分が何型か知らない人がほとんどです。

多くの研究者が「科学的根拠がない」と断定しています。

現代では、日本でもエンタメ要素が強くなっていますね。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

外国ではあまり血液型を把握していないなんて、びっくりです。

科学的な根拠がないとは言え、同じ血液型でないと輸血できないわけで、

細胞が違うことは明らかですよね。

何かしらの大まかな分類があっても、不思議ではないような気もします。

だけど、「A型とは思えない」と言われるとイラっとしちゃいます!

最後までご視聴いただき、どうもありがとうございました!

関連記事

  1. YouTube

    【衝撃】海に投げ出されても諦めずに生還した人!6選

    こんにちは、ナミです。海には危険がいっぱい…

  2. YouTube

    壮絶なイジメを受けたのでイジメっ子に凄い復讐!3選

    皆さん、こんにちは、リナです。今回は、イジメられた…

  3. YouTube

    親なら絶対に知ってなきゃいけない命名ルールのNG!5選

    こんにちは、ナミです。子供の名前は、親から…

  4. YouTube

    【衝撃】これもウソ!?科学的に否定された誰もが知ってる噂!5選

    こんにちは、ナミです。私たちの周りには、たくさ…

  5. YouTube

    【衝撃】世界に存在するダイヤモンドよりも硬い物質ランキングTOP5

    皆さん、こんにちは、リナです。地球上で最も硬い物質って、ほ…

  6. YouTube

    【衝撃】これって何に使うの?使い方が全く分からない物5選

    皆さん、こんにちは、リナです。普段、なにげに使って…

最近の記事

  1. YouTube

    【衝撃】甘党の人が直面するかもしれない身体の変化!5選
  2. YouTube

    【衝撃】実際に存在する恐怖症の種類と克服方法6選
  3. YouTube

    UFOを目撃して亡くなった人の最新情報4選
  4. YouTube

    【衝撃】世界に存在する絶対に行ってはいけない危険な観光地5選
  5. YouTube

    【衝撃】閲覧注意!誰もいなくなってしまった世界の遊園地!6選
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。